スマートフォン版はこちら
  • U-SPECホーム
  • 仲介手数料60分スピード見積り
  • 無料会員登録のメリット
  • 物件検索
  • U-SPECご利用ガイド
  • お客様の声
  • よくある質問Q&A
  1. 仲介手数料無料のU-SPECトップ>
  2. 知らなきゃ損する?住宅ローンテクニック>
  3. 損をしない住宅ローンの知識集>
  4. 比較のポイント

比較のポイント

選ぶポイントはズバリ金利優遇!!各金融機関の特性を把握して自分にあった金融機関を選ぼう!金利は上がる傾向に!

住宅ローンは銀行やノンバンクが取り扱っています。 例えば、都市銀行では、みずほ銀行、りそな銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行がそれぞれ住宅ローンを取り扱っています。
都市銀行以外でも、地方銀行や信用金庫、信用組合、ネット系のソニー銀行、個性的な住宅ローンを持っている新生銀行やスルガ銀行などで取り扱われています。 また、銀行ではありませんが、JA(農協)やSBIモーゲージや楽天モーゲージといったノンバンクでも取り扱っています。よく、「少しでも低い住宅ローンを探したい!」とインターネット上で住宅ローンの比較サイトを利用されるかと思いますが、金融機関ごとに住宅ローンを比較されても表面上は特に金利で差はありません。
では、どのようにして少しでも金利が低い住宅ローンを選択するかですが、一番のポイントは「金利優遇に目をつける」ことです。

金利優遇に目をつける!

住宅ローンを取り扱っている会社では、期間限定のキャンペーンとして金利を優遇したり、提携住宅会社や提携不動産業者の購入者向け、また、一定の属性の人に対して金利を優遇します。また、金利優遇の中には、あまり大々的に宣伝をしていないケースもあるので、不動産会社の営業マンに聞くなどして情報を集めたりしましょう。こうした金利優遇を上手く利用することで、住宅ローンを有利に組むことが出来ます。各取扱会社によって、住宅ローンの事務手数料が 高かったり、審査が厳しかったりとデメリットも存在しますので、最終的に決定される場合には、金利優遇だけでなく、自分の条件にあった 取扱会社を総合的な視点で選ぶようにしましょう。

住宅ローン 比較一覧

都市銀行の特徴
  • ・金利優遇など自由度が高い
  • ・融資額が大きい
  • ・商品の種類が豊富
地方銀行、信用組合、信用金庫の特徴
  • ・勤務先の会社のメインバンクなら金利優遇が大きい
  • ・ノンバンクの特徴
  • ・フラット35などしか取り扱っていないので、変動型と固定型を合わせるミックス型はできない
  • ・しかし、フラット35で住宅ローンを組むならノンバンクが一番安い傾向にある
損をしない住宅ローンの知識集
  • 60分スピード見積り
  • 無料会員登録
  • 物件検索
  • U-SPECホーム
  • 仲介手数料60分スピード見積り
  • 無料会員登録のメリット
  • 物件検索
  • U-SPECご利用ガイド
  • お客様の声
  • よくある質問Q&A